尾張時代の、若き信長の軌跡

サイト管理者プロフィール

歴史ライター 水野誠志朗

1956年生れ。名古屋市守山区出身、西区在住。
自動車関連の出版社・編集プロダクションを創業し、長年、自動車ライターとして活動。15年ほど若き織田信長の研究を続け、中日新聞webなどで執筆中。市井の視点で信長の若い頃の姿を明らかにしようとしている。『信長公記で追う桶狭間への道』『現代語訳 信長公記・天理本首巻』を自社で刊行。中日文化センターで信長関連の現地をめぐる講座を開講中。

講演・原稿・現地ツアーガイドのご依頼はmizuno@days.co.jp

刊行物

天理大学附属天理図書館所蔵の信長記、いわゆる「信長公記 天理本」の若き信長を描く首巻部分を、初めて現代語訳して刊行!

『現代語訳 信長公記・天理本首巻』
太田牛一 (著), かぎや散人 (翻訳)

  • 出版社‏ : ‎株式会社デイズ
  • 発売日‏ : ‎2018/1/20
  • 単行本(ソフトカバー) ‏: ‎264ページ
  • ISBN-10‏ : ‎4990940512
  • ISBN-13 : 978-4990940515
  • WEB:https://shinchokoki.jp/
  • 購入公式WEBサイト amazon
タイトルとURLをコピーしました