桶狭間の黒幕は徳川家康と水野信元ではないか

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 桶狭間の黒幕は徳川家康と水野信元ではないか
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

先日突然、脈絡なしに変な考えが頭に閃きました。

それは、松平元康(後の徳川家康)こそが桶狭間の黒幕だったのではないか、ということです。
もちろん家康だけではなく、最近そう考える人も多くなって来たように、水野信元も大きな役目を果たしていたのでしょう。

簡単にいえば、水野信元が信長側を離れて、今川に寝返るという行為に出た
→それは家康に三河の失地を回復させるための大芝居だった
→信長を裏切ったように見せかけて義元を桶狭間へおびき出し、信長に討たせようとした
→家康もこの芝居に同調し、義元を排除するために密かに動いた
→二人の芝居によって油断した義元は、信長の襲撃によって失命した
→それによって家康と信元は三河と知多を抑えた
→信長は東側を気にせず美濃、そして近江へ出兵できるようになり、天下を取った
→こうした家康(と信元)の裏切り行為は徳川史観の中で消された

そんなストーリーだとすると、桶狭間合戦の謎がとけるのではないかと思ったのです。
具体的な裏付けは今後するとして、

なぜ大将の義元本人が信長の少数部隊に討たれたか
桶狭間のあと、なぜ家康は簡単に岡崎を手に入れられたのか
桶狭間のあと、なぜ信長は三河(家康)を攻めず、すぐ美濃へ出兵したのか
その後、信長と家康との間の友好関係が、なぜ生涯続いたのか
その後、水野信元はなぜ信長と家康によって消されたのか

こうしたことが説明できるように思えます。
信長公記も三河物語も、徳川の治世下で書かれたゆえ、この話の真実は書けず、
また資料も消されたため桶狭間合戦は謎だらけとなったのでしょう。

これまでこういう考えはないようなので、最初に思いついた(かもしれない)、
ということでここにメモしておこうと思います。

カテゴリー: 未分類, 桶狭間の続き   パーマリンク

コメントは受け付けていません。