岐阜城遺構の大いなる可能性

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 岐阜城遺構の大いなる可能性
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed


二年後の2017年は信長が岐阜城へ入って450年。信長は入城前に町を焼き払っていますから、
まあ、敗戦後にマッカーサーが進駐して70年と同じようなものですけどw、
岐阜ではそこに向かって色々と考えられているようです。

で、おじゃましたのが「岐阜お城研究会」さんの講演。
講演者は岐阜お城研究会代表の柴田正義氏です。

なかなか発掘が進まない岐阜城ですが、小牧山城のように、地下には素晴らしい石垣や遺構が埋もれているはず。
とはいえいつになるかわからない発掘調査完了を待っていても更なる観光地化は無理。

こちらでは対処法として、まずは「邪魔な木を切る」という提案でした。素晴らしいと思います。
桶狭間の高根山ではすでに行われてましたが、こちらでも実行されるといいですね。

カテゴリー: 勉強会 講座   パーマリンク

コメントは受け付けていません。