月別アーカイブ: 9月 2013

必見! 名古屋市博物館で「いざ編まん!信長の歴史」展示中

名古屋市瑞穂区の名古屋市博物館常設展示のフリールームで、「いざ編まん!信長の歴史」という展示が、10月20日(日)まで行われています。 信長の玄孫にあたる長清(ながずみ)は、信長の資料集めに奔走し、小瀬甫庵の信長記を批判して、太田牛一の信長公記を集め、さらに資料を加えて享保4年(1719)に、本当の織田信長の記録として『織田真紀』を発刊しました。そのあたりの話が資料とともに明らかにされています。 徳川の世である江戸期に、ベストセラーの読み物(ラノベ?)である信長記ではなく、真実を本にしようとした男のお話。実は少部数しか発刊できず、それも「もっと手を加えたい」という状態で終わってしまったのでした。 展示内容は以下のとおり。 8月31日にははくぶつかん講座「『信長公記』と信長の子孫」としてこの展示概要の講義もありました。 信長公記首巻は15巻とは別本であったこと、今は行方不明の自筆首巻が、当時長清の元にあったことなど、とにかく貴重な話がいっぱいです。ぜひおでかけください。入場料は300円です。

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ