月別アーカイブ: 2月 2013

三谷幸喜の「清須会議」を読みました

10万部突破という話題の「清須会議」を読みました。 なかなか楽しめました。まるでテレビドラマを見ているみたいに、スラスラ3時間ほどで読破。 最後にひねりがあるかと思って期待しましたが、予定通り普通に終わってちょっと肩透かし。 エンターテイメントとしては素晴らしいですね。歴史が楽しくなります。 定価1400円と安めですけど、なにせ、10万部ですから、たいしたもの。 若き信長の話も、こんな感じで書けば、もっと多くの人に知ってもらえるのかと。 秋に映画化ということで、そのためのシナリオと思えなくもないですが、 清須を多くの人に知ってもらえるのは良いことです。 しかしなんで一昨年のタイミングで三谷氏はこの題材で書いたのでしょうか? 私も信長を書いた次第ですが、そのシンクロニシティのわけが一番知りたいところでした。

カテゴリー: 本の紹介 | コメントをどうぞ