月別アーカイブ: 12月 2012

信長死んじゃったあとの話ですけど長久手も戦国史跡多いですね

信長の時代ではないですが、愛知県の長久手にも戦国の史跡はたくさんあります。 いわゆる小牧・長久手の戦いの古戦場です。 先日愛知県立大学の図書館でパンフレットを貰いましたが、これを読んでいるとやっぱりいくつかの史跡が 区画整理で移動させられてます。 長久手は私が若い頃など、多くの場所が山の中で昔の面影をとどめていましたが、 昨今はものすごい勢いで開発が進み、すっかり地形も変わってしまっています。 特に地下鉄東山線の藤が丘駅に近いため、駅から徒歩圏は、マンション建ちまくり。 現在も巨大開発プロジェクトが展開され、TVCMも流されているほどです。 7年前に愛知万博があったことも長久手の開発を促進しました。 木下勘解由塚はそんなマンション群の間にぽつんと建っています。 ここはどうやら移動はしていないようです。 ちなみにこの塚の隣のマンションにうちの会社のスタッフが住んでます。 ちょっと離れますが、日進町の香具山あたりも、山が切り開かれて巨大な住宅地になっています。 ここの直ぐ側には池田恒興に攻め落とされた岩崎城もあり、 山林のあった頃は当時に近い環境が残っていたのですが、 今やサイゼリアやguが並ぶ典型的郊外タウンです。 桶狭間古戦場もそうですが、街なかの古戦場跡は面影がどんどん消えて行っています。 確かに保存は無理なのですが、とても残念です。 田舎の古戦場はそれでもまだ面影を残していますが。 そういえば長篠古戦場は新東名で景観ぶち壊しと言われていますね。 クルマ好きの私としてはなかなか難しい問題です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ